2020年04月06日 カテゴリ:眠り

睡眠が不足しがちな社会人のあなたへ。今日から取り入れたい睡眠習慣5選

loading
睡眠が不足しがちな社会人のあなたへ。今日から取り入れたい睡眠習慣5選
4月になり、新社会人として生活をスタートした方も多いことでしょう。仕事をがんばりすぎて、ついつい睡眠がおろそかに…なんていう人も少なくないはず。

日中の仕事のパフォーマンスをアップするためにも、睡眠はないがしろにしてはいけません!そこで、今日から取り入れたい睡眠習慣をご紹介します!
 

夜を1日のスタートに!



仕事をがんばりすぎて、いつも睡眠があと回しになっていませんか?「日中に眠くて、あくびがとまらない…」なんて、お悩みの人も多いはず。そんな人におすすめなのが、夜を1日のスタートにする習慣です。

「え…それだけ?」と思ってしまいそうですが、ちょっとした習慣の積み重ねが大切なんです。起きた時間からスケジュールを組むと、余った時間を睡眠に充ててしまうことになり、十分な睡眠時間が確保できないということになりかねません。

寝るときを1日のスタートにすることで、睡眠時間を優先的に確保するスケジュールを組んでみてはいかがでしょうか?

【関連記事】あくびはシグナル!?謎多き生理現象が教えてくれること

 

普段の生活でも、ウォーミングアップとクールダウンを

スポーツで、ウォーミングアップとクールダウンが必要なように、普段の生活にもウォーミングアップとクールダウンが必要です。

毎日、寝る前2時間はクールダウンの時間。カラダを休めるための準備として、お風呂に入ったり、翌日のTODOチェックをしたり、ストレッチをしたり…そういうルーティーンを作ってみてください。習慣化することで、寝る前のリズムをカラダにも教えてあげましょう。

寝る時間をしっかりとらなかったり、直前までスマホを見ていたり、クールダウンせずに朝を迎えると、コンディションは最悪。体調を崩し、仕事に影響を与えることにもなりかねません。

また、朝起きて2時間はウォーミングアップの時間として、カラダを動かす準備をすることもおすすめ。
クールダウンでしっかり休んで、ウォーミングアップでカラダも目も覚めて、仕事のパフォーマンスもアップするはず!

【関連記事】冬でも足元からポカポカ!寝る前1分の簡単ストレッチ

 

寝る前は仕事のメールのやりとりを控える

寝る前に、やってしまいがちな仕事のメールチェックですが、仕事のメールは脳を覚醒させてしまうと言われています。

また、夜は大脳が疲れていて、集中力や判断力も低下しています。冷静なジャッジができなかったり、いつもならしないキツい言い方で返信をしてしまったり…。ミスに繋がりかねないですし、翌日になってから後悔してしまうことも。

さらに、スマホやパソコンの画面から発せられるブルーライトは、スムーズな入眠の妨げに。布団に入ったら、仕事のことは一旦忘れてスマホはオフにするのが、良い眠りへの近道です!

【関連記事】眠れない夜にお試しあれ!今すぐグッスリ眠れる12の方法

 

時間がなくても足湯でリラックス



スムーズな眠りのためには「40℃の湯船に鎖骨まで浸かり、15分間入浴すること」が理想とされています。ですが、「湯船につかっている時間がない!」「とにかく早く眠りたい!」という人には足湯がおすすめ。

足湯をしながら同時に歯みがきをすれば時短にもなります。カラダや髪を洗わないと気持ち悪いという人は、シャワー浴をしながら足湯をすればOK。

ポイントは、足の温かさが持続しているうちに就寝すること!足湯によってカラダの末端を直接的に温め、末端の温熱効果から、間接的に深部体温の低下を促してくれます。そうすることで、ぐっすりと眠りやすくなります。

毎日のお風呂になかなか時間を取れない人は、足湯をぜひ試してみてくださいね。

【詳しくはこちら】冷え性さん必見!眠りの質が変わる入浴法

 

効率アップのためにも!仮眠のすすめ

お昼を食べたあとに眠気を感じるのは、とても自然な現象。体内時計が正常に機能している証拠なんです!

眠いのを我慢してパソコンに向かっても、仕事の効率は下がるばかり…。仮眠をとることで、疲労回復が期待でき、集中力や作業効率がアップすることがわかっています。また、仮眠は睡眠不足の人だけではなく、「誰にとっても有益な行為」という研究結果も!

仮眠は、15時までに15分〜20分とるのが理想です。デスクで突っ伏して寝ると、カラダが痛くなってしまうので、専用の枕を使うかタオルをクルクルと巻いて代用してもOK!
また、仮眠をとる前に1杯コーヒーを飲むことがおすすめです。カフェインの覚醒効果が現れるのは、15〜30分後。1杯のコーヒーを飲んでから15分ほどの仮眠をとると、ちょうどよくすっきりと目覚められます。

【詳しくはこちら】仕事効率アップ!眠りの研究員が教える仮眠のコツ

 

【番外編】10分で作れる!簡単スープ

最後は、「忙しくてなかなか自炊できない…」という方も必見の快眠スープ!10分で作れるので、仕事から帰ってきてからでも簡単に作れるので睡眠時間の確保にも一役買います。
快眠に必要な栄養素を食で補ってくれる、うれしいスープです! 

高菜ともやし、豚肉のスープ

ストレスを和らげるホルモン「セロトニン」の分泌を促す「トリプトファン」。豚肉はその「トリプトファン」だけでなく、疲労回復に効く「ビタミンB1」も多く含まれているので、疲れた心とカラダにぴったりな食材です!

寝る直前に暴飲暴食してしまっては、睡眠を妨げてしまいます。あまり胃に負担がかからないものを食べ、そしてお風呂に入って寝るという流れにすると良いでしょう。

【詳しいレシピはこちら】忙しい人必見!10分でできる簡単スープでぐっすり眠ろう

 
***


いかがでしたか?忙しいときほど、しっかり睡眠時間を確保することで、結局は仕事のパフォーマンスアップにもつながります。
どれも今日から取り入れられるものばかりですので、日々の習慣に取り入れてみてくださいね!

この記事を見た人はこんな商品に興味を持っています

この記事を見た人はこんな商品に興味を持っています

最近見た商品

この記事に関連するキーワード

睡眠が不足しがちな社会人のあなたへ。今日から取り入れたい睡眠習慣5選

この記事が気に入ったら
いいね!しよう