西川産業の歴史

西川産業の歴史 西川産業の歴史
ダイジェスト 年表
1540
1549 初代仁右衛門、近江国蒲生郡津田村に生まれる
1566 西川創業の年。初代19歳で蚊帳・生活用品販売業を開業。
1587 近江八幡町に本店山形屋山形屋を開設する
山形屋の屋号をかたどった瓦
1615 江戸・日本橋通り一丁目に支店、つまみだな 店<つまみだな>開設
寛永年間 二代目甚五郎が蚊帳の記事を萌黄色に染め、紅布の縁をつけたデザインの「近江蚊帳」を販売し、人気を博す
1706 江戸町奉公より、蚊帳問屋に指定される
1737 つまみだな 店、江戸・京橋の木屋久右衛門の弓店を引き取る
1741 近江屋長兵衛の弓問屋を買収し、江戸・京橋に万店(後の角万西川)を開設
1750 京都に京店(現・京都西川)を開設
1772 目黒行人坂火事により店、万店、類焼 つまみだな店、万店、京店の勘定張を整備し総目録を作成
つまみだな万京店勘定帳』(1788〈天明8〉年書写)
1789 三ツ割銀精度(現在のボーナスにあたる)始まる
1874(明治7)年 つまみだな万京店の『三ツ割銀預り帳』
1833 九代目甚五郎、徳川幕府御用弓師となり、帯刀を許される
1887 大阪支店、京店でふとんの販売を始める
1920 給与制を採用
1923 つまみだな 店鉄筋5階建てのビルが6月に完成するも、9月の関東大震災により罹災
1929 西川の商標を制定
1945 つまみだな店、京店、3月の大空襲により全焼
1947 つまみだな店店舗落成、(株)西川とする
卸部門として西川産業(株)を設立し、本社を(株)西川内におく
1945(昭和20)年、戦災焼失後復興した日本橋西川ビル
(1956〈昭和31〉年撮影)
1958 合繊安眠デラックスわたを開発、洋掛ふとんブームの発端となる
1970年に発売した新合繊わた「ファロン」
1960 東京西川チェーン結成
西川産業(株)、日本橋富沢町へ移転
1968 Gマーク(グッドデザイン賞)初受賞
1971 業界初の海外デザイナーとデザイン提携を行う(ウンガロ)
1984 日本睡眠科学研究所を設立
1999 最新の睡眠科学と医術を駆使した家庭用治療器「ドクターセラN」を開発
2001 最適寝具理論に基づいた「整圧敷きふとん」を開発
2009 コンディショニングマットレス「エアー」発売、西川産業として通算100件目となるグッドデザイン賞を受賞
2009年に発売した「AiR」
2010 東京西川チェーン発足50周年
「ピローウィ―カフェ」新宿に初出店
2012 (財)日本レスリング協会とスポンサー契約締結
2013 ANA国際線のファーストクラスとビジネスクラスにマットレス、コンフォーター、枕を導入
2014 ブラジル代表の世界的サッカープレイヤーとサポート契約を締結
全日本スキー連盟とのオフィシャルスポンサー契約を締結
2015 筑波大学・国際統合睡眠医科学研究機構(WPI-IIIS)と共同研究を開始
2015 日本の良さを海外へ発信する「JAPAN PLUS」の取り組みを開始
2016 創業450周年