お手入れ情報 Items

商品や素材別にお手入れ方法をご案内します。
適切なメンテナンスで、寝具を長持ちさせて安心にお使いいただけます。

ここでは、一般的なお手入れ方法について説明しています。
商品によって扱い方が異なるため「取り扱い絵表示」や「注意書き」にしたがって、正しい方法でお手入れをしてください。

寝具全般のお手入れ

干す時間は1~2時間

布団は汗などの湿気がしみ込みますので、天気の良い日には干して湿気を逃してください。干す時間は、午前10時ごろから午後2時ごろまでの間で2時間くらい。午後3時を過ぎると空気中の湿気が多くなるので注意しましょう。夏は紫外線が強いので片面1時間くらいで十分です。

布団をたたかない

布団をとりこむ時にパンパンと叩いてはいけません。叩くときに出るホコリは中の綿がちぎれて出る綿ボコリだからです。叩けば叩くほど出てきてしまうものですので、叩かず、表面のホコリをブラシで軽く払う程度にしてください。
干した後、掃除機をかけるとダニ防止にもなります。

取り扱い表示をよく読む

なお、羽毛布団や羊毛布団、枕など、詰めものの素材によっては日光が苦手なものがありますので、取り扱い表示をよく読むようにしてください。また、雨の降った翌日は、晴天でも地上から蒸発した水蒸気が多いので出来るだけ避けましょう。

しまい方

例えば、「マットレス→敷き布団→毛布→掛け布団」の順にしまいましょう。マットレスや敷き布団など重い寝具は押入れの下の段、毛布や掛け布団などは上の段にと分けておくと、上げ下ろしもラクになります。

使わないときは

季節ごとに、使わない布団は干して湿気を逃してから、布団袋や使い古しのシーツなどに包み、防虫剤を入れて湿気の少ないところにしまってください。押入れに収納するとき、スノコを敷いておくと押入れの床面と布団との結露が防げます。

布団の丸洗いについて

これまで「洗えない」とされていた羽毛布団や羊毛布団ですが、最近、布団を丸洗いする業者が増え、その人気が高まりつつあります。布団は毎日使うものだけに汚れ方は意外と早く、3~4年に1度は丸洗いしたいものです。さらにリフォームすることで寿命はグンとのびます。

しかし、丸洗いの際には多少の注意が必要です。たとえばノンキルト方式による羽毛布団で長期間使用したものは、丸洗いによってキルト部分がはがれる恐れがあったり、また敷き布団の中芯にポリエチレンを使用したものは乾燥できない、熱をかけると縮むということがあったりして、トラブルとなるケースも少なくないからです。

東京西川の場合、ノンキルトの羽毛布団は安心して丸洗いできますし、敷き布団の中芯にポリエチレンを使用した布団は扱っていません。ただし表示はドライ指定をしていますので、丸洗いに出す場合には、信頼できる業者に相談してください。

商品別のお手入れ情報

最近見た商品