2018年02月11日 カテゴリ:寝具

布団の衣替え

布団の衣替え

冬用寝具に衣替えするタイミングはいつ?

冬物の寝具に切り替えるタイミングを見極めるのはなかなか難しいものです。

いつまでも薄手の夏物寝具を使っていては身体を冷やしてしまいますし、逆に温かさを保つ目的で厚手の布団を掛けたつもりが、夜中に剥いでしまって風邪を引いてしまったり…。

そうならないようにするためには、室温別の理想的な寝具の組み合わせについて知っておいたほうが良さそうです。

洋服と同じような感覚で布団も衣替え

まずは理想的な布団の中の温度や湿度の目安を知ることからはじめましょう。日本睡眠科学研究所によれば、この布団の中の環境を“寝床内気象(しんしょうないきしょう)”と呼び、温度33±1℃、湿度50±5%RHが理想であるとしています。ただしそれを測定するのは困難なこと。目安としては、私たちに身近な「洋服の衣替え」と同じような感覚で冬物寝具へと衣替えするのがわかりやすいといいます。

冬物寝具の代表格といえば、ふかふかの羽毛布団でしょう。これは洋服で言えば、暖かいコートのようなもの。したがって、コートが必要な時期になったら羽毛布団が必要になると考えておけば良いのだといいます。
コートを着る少し前の時期に着用するカーディガンやトレンチコートに該当するのが、肌掛けふとんや真綿布団など。少し肌寒い時期、体温調節をするために利用するのが心地良いそうです。
寝具の衣替えを後回しにしてしまう人もいますが、それはまるで夏にコートを着ていたり、冬にTシャツで過ごしているようなもの。そんな認識を持つと身近に感じられるのかもしれません。

これらの寝具を組み合わせることで、布団の中の湿度を上手に調整しながら、同時に温かさをキープ。非常に快適な睡眠環境を作ってくれるのです。

洋服のように布団もコーディネート

重ね着で調整をする洋服と同じよう、気温に合わせて寝具の組み合わせを工夫するのも大切なことだといいます。内部にたくさん空気を含んで保温効果の高い羽毛布団であっても、さすがに真冬の夜になれば、それ一枚だけでは寒さを感じてしまうもの。

コートに合わせて、ジャケットやセーターを重ね着するように、寝具を組み合わせることで、最適な寝床内気象を保つことができるという考え方です。

基準となるのは寝室の室温です。室温が10℃前後となる時期には羽毛布団に加え、体にフィットして隙間を埋めてくれる綿やウールやカシミヤの毛布を、室温5℃前後になったら、シルクでできた真綿掛布団を内側に一枚かけることで、布団の中の温度を理想の状態に保つことができるのだといいます。

気温に合わせてこまめに洋服をコーディネートするように、寝具にも配慮する習慣を身に着けたいものです。

最近見た商品