部屋干しに最適 機能タオルのご紹介 部屋干しに最適 機能タオル のご紹介

4人に3人は屋内干し経験者
タオルを部屋干しするときの悩み

タオルは夏の必需品。よく使うアイテムだから、夜間に洗濯して部屋干しする人が増えています。
また、悪天候や花粉・PM2.5などの影響で部屋干しを選択する人も。メリットは大きいですが、部屋干しならではの様々なお悩みもあります。

理想のタオルってどんなもの?

東京西川では、お客様のご意見をもとに「タオルを選ぶポイント」や「タオルに求める機能」を調査。
お声を丁寧に拾い上げた結果、本来の機能である吸水性をはじめ使い続けるうえで必要なエッセンスが見えてきました。

タオルを選ぶポイント

  • 1位:柔らかさ(74.6%)
  • 2位:見た目の風合い(37.9%)
  • 3位:ボリューム(30.4%)
  • 4位:天然(27.7%)
  • 5位:軽さ(20.5%)

タオルに求める機能

  • 1位:吸水性(74.6%)
  • 2位:乾きやすさ(37.9%)
  • 3位:消臭/防臭(38.8%)
  • 4位:抗菌(33.9%)
  • 5位:その他(11.2%)

2017年7月 東京西川調べ

どちらも安心の今治製!お悩みにあわせて
部屋干しに最適な機能タオルを作りました!

「ニオイ」や「見た目」のお悩み解決! HAREYAKA TOWEL TOKYO NISHIKAWA 「ニオイ」や「見た目」のお悩み解決! HAREYAKA TOWEL TOKYO NISHIKAWA
1

ニオイの原因菌を増やさない
あの何とも言えない臭いを防ぎます。

レーヨン混の糸を甘撚りにした特殊な糸を使用。
繊維自体に雑菌臭の元となるモラクセラ菌の繁殖を抑制する機能があるため、お洗濯を繰り返しても抗菌・防臭効果が続きます。

1
1

干しやすいサイズ
スマートサイズで収納もかさばりません。

日本の住宅事情を考慮したスマートサイズ。大きな物干しがなくても、いつものハンガーにかけて乾かせます。
コンパクトにたためるので場所を取らず収納時もかさばりません。

1
1

風合いも乾きやすさも考慮
部屋干しでも乾きやすい薄手のヘムデザイン

毎日使うものだから風合いにもこだわりました。
従来のレーヨン混の糸に比べて綿のようなふわふわ触感が魅力です。乾きにくいタオルの端の部分は、薄手のデザインにしています。

1
1

見せてもスッキリ
お部屋にマッチするモノトーンカラー。

インテリアにフィットする、モノトーンカラーで展開しています。
生活感がでやすい部屋干しでもスッキリした印象に。居心地のいいお部屋作りに最適なタオルです。

1
ふとんの西川が作ったふかふかなタオルです。 MAROYAKA TOWEL TOKYO NISHIKAWA ふとんの西川が作ったふかふかなタオルです。 MAROYAKA TOWEL TOKYO NISHIKAWA

理想のタオルを追求!

柔らかさ+吸水性+乾燥性=まろやかタオル 柔らかさ+吸水性+乾燥性=まろやかタオル
1

ふわっふわの軽やかさ

タオルに使うには高い技術を要する60番手の極細の糸を使用し、やわらかくて繊細なワンランク上の風合いに仕上げました。ふんわりと甘撚りにすることで、一般的なタオルの重さの約65%にカット(当社比)。

1
1

約半分の時間で乾く

芯には乾きやすいポリエステル繊維、肌にふれる外側の横糸にはコットンでできているパルパー糸を使用し、乾きやすさを実現。一般的なタオルに比べ、乾燥スピードを約5割に短縮しました。

1
1

驚きの吸水スピード

吸水スピードはたったの1秒。あっという間に水気をスッキリ拭き取ります。(今治タオルの認定審査基準は5秒以内)*

一般財団法人 日本繊維製品品質技術センター 東京総合試験センター調べ
試験方法:JIS L 1907 沈降法

1

おしゃれなインテリアにも
マッチするデザイン

タオルのことなら何でもお任せ!