東京西川のきもちいい羽毛ふとん

上質な眠りには、天然の羽毛が理想的 上質な眠りには、天然の羽毛が理想的

  • 軽くて温かい

    ふんわり軽やかで体への負担が少なく、空気をたっぷり含むため他の布団より保温力が高いのが特長。

  • さわやか快適

    吸湿性、放湿性に優れ、汗の吸収・発散を繰り返します。ムレを感じにくく常にさわやかで快適です。

  • お手入れ簡単

    正しく取り扱うことで、長く、気持ちよく使い続けられます。

羽毛布団の選び方

種類が多すぎて、どう選べばいいかわからない

羽毛布団選び3つのポイント 羽毛布団選び3つのポイント

羽毛の種類の違いを知る

POINT 1

羽毛の種類の違いを知る

体が大きいほどダウンボールが大きく、保温力が高くなります。

ダックはアヒル、グースはガチョウで、さらに体が大きいのがマザーグースです。体が大きくなるほどダウンボールも大きくなり、空気をつかむ力=温かさが向上します。そのため、少ない羽毛の量でも軽やかで温かな羽毛布団になります。

  • ダック

  • グース

  • マザーグース

小 ▶︎ 大

キルトの違いを知る

POINT 2

キルトの違いを知る

羽毛が片寄りにくいキルトを選びましょう。

キルトの種類によっては羽毛が片寄ってしまい、お使いいただくうちにえり元などから寒くなる原因になります。長く使っても羽毛がマス目からマス目に移動しないキルティングをおすすめします。

羽毛が片寄らないキルト
“ソリッドステーク®キルト”はこちら

側生地の違いを知る

POINT 3

側生地の違いを知る

より身体にフィットする生地を選ぶことが大切です。

生地の種類によって羽毛布団と身体との間に隙間ができやすく保温力が低下します。やわらかな生地ほどドレープ性に富み身体にフィットして隙間を少なくするのであたたかな空気を逃がしにくくなります。

  • 羽毛布団と身体との間に
    隙間ができやすい

    固い生地

    かたい生地

  • 身体にフィットして
    羽毛布団と身体との隙間が
    少なく熱を逃しにくい

    やわらかい生地

    やわらかい生地

東京西川のきもちいい
羽毛ふとん 4つのこだわり

1

自社一貫管理体制

東京西川は羽毛を輸入してから、羽毛の精製・独自の加工・そして羽毛布団の仕上げまで全ての工程を自社一貫管理体制で行っています。

2

徹底した洗浄

東京西川は業界基準の2倍の厳しさで清浄度を検査して排水がきれいになるまですすぎを繰り返し、厳しい基準をクリアした羽毛だけを使用しています。

3

独自のフレッシュアップ加工®

羽毛を高温スチームでさらにふっくらさせる独自の加工です。羽毛の力を最大限引き出すことで空気を掴む力が上がり、保温力の高い上質な羽毛になります。

  • 高温スチームでふっくら
  • 丁寧に丁寧に除塵
  • 徹底した選別

同じ3gのダウンでもこれだけ膨らみがちがいます。

  • フレッシュアップ加工®
  • フレッシュアップ加工®

フレッシュアップ加工®により約2℃に相当する保温力が向上

フレッシュアップ加工®有無の有意差検定結果

フレッシュアップ加工®後と加工前の羽毛で保温力を比べたところ、衣類の熱抵抗(衣類の温かさの目安)を表すCLO(クロー)値が平均0.26=約2℃以上高くなることが結果として証明されました。

CLO(クロー)値 :被服の保温力を表す単位
※CLO値は安静に座っている状態の人が感じる
被服の保温力を示したものです。

目覚めた羽毛+2℃ 目覚めた羽毛+2℃

4

羽毛が片寄らないキルト
“ソリッドステーク®キルト”

ソリッドステーク®キルト(完全立体キルト)は、完全に仕切られたボックスに羽毛を充填します。一般的なキルティングのように羽毛が移動し片寄ることを防ぎ、長持ちさせます。

※ラインナップにより異なります。

一般的なキルト
一般的なキルト

充填用ノズルの通り道

ソリッドステーク®キルト
ソリッドステーク®キルト

体感のススメ

羽毛布団の寿命は約10年が目安といわれ、寝具の中でも長い付き合いになる、まさに人生のパートナーです。そのためにも、ふだんの就寝時となるべく近い状態でじっくりとお試しください。

まさに人生のパートナーです

ぜひ店頭でお試しください。

  • リラックスできる服装

    リラックスできる服装
  • 着脱しやすい靴

    着脱しやすい靴
  • 寝やすいヘアスタイル

    寝やすいヘアスタイル

販売店はこちら

長く快適に使うためのお手入れ方法

干し方

干し方

布団は日に干すか、または風通しの良い日陰に両面を干してください。月1~2回天気のよい乾燥した日に午前10時から午後3時頃までに片面1時間くらいずつ干してください。ふとんがわの傷みや汚れを防ぐために、シーツやカバーでおおって干してください。ふとんがわや詰めものが痛みますので、強くたたかないでください。ふとんがわがシルクの場合は陰干しをしてください。

洗い方

洗い方

なるべくクリーニングはお避けください。部分的にふとんがわが汚れたらぬれた布ですぐに拭き取ったり、つまみ洗いなどをし、十分乾燥させてください。やむを得ずクリーニングなさる場合はクリーニング店または販売店にご相談ください。

カバーの洗濯と付け方

カバーの洗濯と付け方

羽毛布団には、上質でやわらかい素材のカバーを使用してください。カバーはこまめに洗濯していただくことをおすすめします。カバーの内側についたヒモを布団のループにセットしていただければ、ズレもなく、がわ生地のいたみも汚れも防げます。また羽毛布団に直接衿布等を縫い付けたり、安全ピンを使ったりすると、その縫い目や針穴から羽毛が吹き出す原因となりますので、おやめください。

収納と保管の仕方

収納と保管の仕方

湿気の少ない場所に保管してください。しばらく使わないときは、一度日に干してから、湿気の少ない場所に保管してください。ダニやカビを防ぐため、使わない間でも布団はときどき日に干し、押入れも乾燥させてください。布団の上に重いものを置かないようにしてください。

羽毛の吹き出し

羽毛の吹き出し

使用中にファイバー化した羽毛が高密度に織られた生地の間や縫い目から吹き出してくることがあります。これは、羽毛の性質上ある程度はやむを得ないものです。どんな小さな穴でも羽毛が飛び出しますので、針や安全ピンで衿カバーなどを付けないでください。がわ生地の傷みや汚れを防ぐため、シーツやカバーを掛けて使用してください。

ニオイについて

購入したばかりの羽毛布団は、羽毛が天然のものであるため、多少特有の臭いが残ることがあります。また羽毛布団専用バッグや、生地の加工による臭いが残っている場合もありますが、干したり使用しているうちに自然に消えます。

こんな時は、
お買い替えやリフォームの時期の
サインかもしれません。

  • 買ってから
    10年以上経っている

    買ってから10年以上経っている
  • ボリュームが
    無くなってきた

    ボリュームが なくなってきた
  • へたってきて寒い

    へたってきて寒い
  • カバーを外すと中に
    羽毛が付着している

  • 側生地が痛んできた

  • 汗や皮脂で汚れている

  • においが気になる

羽毛布団は
正しくお取り扱いいただき、
快適な眠りをお楽しみください。