北欧、暮らしの道具店 ねむりの相談所特集 前編 北欧、暮らしの道具店 ねむりの相談所特集 前編

梅雨から夏にかけて「睡眠の悩み」を解決!ぐっすり眠るコツって?

編集スタッフ 田中

夏もぐっすり眠って、すっきり目覚めたい

ぐっすり眠れた気がしなくて、夏の朝は少しだけ体がだるい。それは、「北欧、暮らしの道具店」のスタッフ・田中さんにとって毎年の悩みでした。

眠る前には、部屋を暗くして、スマートフォンは見ないようにして……良いと言われる習慣づくりはしていても、「夏」だからこその悩みや疑問もあります。

シャワーだけで済ませるのは良くないと言うけど本当かな? エアコンの温度設定で家族と意見がちがって……など、寝具以外の生活習慣のことも浮かんできたのです。

そこで今回は、夏もぐっすり眠りたいけど、どうすればいいんだろう?という疑問に、スリープマスター・杉原桃菜(すぎはら・ももな)がお答えします。

夏の睡眠、これでOK?
6つの疑問に答えます

Q:シャワーだけは良くないと言うけど…
A:寝つきやすくなるシャワーの方法があります!

ゆっくりとお風呂に浸かるほうがぐっすりと眠れる。知識はあるけど、夏はシャワーだけで済ませたい日もありますが……?

杉原:
「シャワーだけでも大丈夫です。コツは、首の後ろ・手首・足首に重点的に1〜2分ほどあてること。

この3つの部分は血管が集中しているから、ここを温めることで効率よく体温をあげられます

シャワーで上げた体温が、就寝までに自然と下がっていくので、これだけでも十分寝つきをよくすることが期待できます」

Q:湯船につかると、熱くて疲れてしまう
A:香りで体感温度を下げると、入浴がラクです

杉原:
「夏の入浴時には、ペパーミントやハッカの香りを配合した精油やバスソルトがおすすめ。精油は浴室の床に数滴たらしてみてください。清涼感のある香りで暑さがやわらぎます。

また、お湯を38〜39度くらいにすると、体に負担がかからず、リラックスして入浴できます」

Q:エアコンの設定温度は何度がベスト?
A:28度じゃなくてもOKです

杉原:
「夏はエアコンとの付き合い方に悩みますよね。28度ではなくても、ご自身が心地いいと思う温度でOKです。なぜなら住環境によってエアコンの効き方には差があるから。

温湿度計を持っているなら、寝室において、室温28度以下をキープするように心がけてみてください。

また、寝苦しさから途中で目覚めてしまうと眠りが浅くなるので、エアコンは一晩中つけておいても大丈夫です。ただし、風が体に当たらないように、風向きを調整したり、布団を足元やお腹にかけたりして寝冷えを防いでください。これは扇風機でも同じです」

1 2

スリープマスターに睡眠の悩みを相談できる店舗は全国にございます