西川チェーンって
どんな店?

創業1849年、誠実・丁寧がモットーの
アットホームなお店。
新潟県燕市
『眠りの専門店わたきゅう』

靴を脱いでリラックスできる温かな空間。

店内に入ると、ぬくもりと爽やかさを感じる空間が目の前に広がります。

まずは、入り口で靴を脱いで上がります。「ゆったりとお過ごしいただけるように」という7代目の社長・美内信介さんのアイデアで、4年前に現在のスタイルにリニューアル。リビングにいるようなアットホーム感があり、「リラックスしながら相談ができる」とのお客様の声も多数。無垢材を使用した床、光が差し込む窓、そして白を基調とした内装が、ナチュラルで解放感溢れる空間を演出しています。

店内は奥行きがあって、広々。靴を何度も脱ぎ履きする煩わしさから解放され、気軽にマットレスや枕を試せるのも嬉しいところです。奥の小上がりには、和室風のゴロ寝スペースもあります。

新潟県内で唯一「パーソナルフィッティング」ができるお店。

新潟県の西川チェーン店で唯一常設しているエルゴチェックは、マットレスと枕を同時に使用したときにかかる「体圧分散のバランス」をチェックできる優れたシステムです。使用する機材は、2017年に取り入れたドイツ製の測定器で、見た目はシンプルな薄いマット。試したいマットレスの上に敷いてもらった後、枕を置いていつものように横になるだけで、結果はパソコンのモニターに表示されます。

理想的な体圧分散効果が得られているかを、
視覚的にチェックしながらアドバイスをもらえます。

あらゆる悩み相談ができる、睡眠のプロが在籍。

カウンセリングは、週末は予約がいっぱいになることも。その理由は信頼できるスリープマスター、羽毛診断士、リンパケアアドバイザー、ピローアドバイザーが在籍していて、眠りの専門知識や科学的な測定器を使ったアドバイスが受けられるからです。「本格的にカウンセリングを始めたのは15年ほど前。そもそも東京西川のオーダーメイドピローを導入したのがきっかけ」だそう。一人ひとりのお悩みにきちんと応えていくためには、様々なアプローチによって睡眠の質を上げる必要性があると感じ、現在のカウンセリングスタイルが築き上げられたそうです。

東京西川の「オーダーメイドピロー」や「&Freeパターンオーダー整圧マットレス」に関するご質問はもちろん、羽毛ふとんのメンテナンス全般として、丸洗い、足し羽毛、リフォームのご相談もお任せです。

店内には快眠CDやハーブティー、アロマオイルなどの眠りのサポートツールが揃っています。

他にもセンス溢れるグッズがずらりと並んでいて、眺めているだけで楽しい気分に。
ギフトに喜ばれるウエアやタオルなども充実しています。

また、地域のお母さんたちから毎年オーダーが入るという保育園用のお昼寝ふとんがこちらの定番商品で、なんと40年もの歴史があるそうです。看板スタッフの店長・美内真澄さんが、当時保育園に通っていた息子の信介さんを寝かせるために考案。商品化したところ口コミで広がっていったそうです。

~西川チェーンの店にインタビュー~
『眠りの専門店わたきゅう』6代目 美内信孝、7代目 美内信介
睡眠に関するプロとして、「質の高い睡眠」をこれからも訴求していきたい

創業はいつになりますか?

信介氏創業は1849年。父が6代目で、私が現在7代目として店を引き継ぎました。江戸時代に遡ると、ここは穀物の集散地だったようです。当時、穀物を集める仕事を担い、そこで綿を作る比率が高かったようで、2代目から「わたきゅう」という屋号を使うようになりました。戦前は海軍の防具の中に入れる綿の卸、戦後は打ち直しと製綿の卸を中心に行い、その頃から現在のように小売も始めたそうです。今の場所に移転したのは父が店を引き継いだ頃で、それが1978年(昭和53年)。そして4年前に内装リニューアルし、現在に至ります。

ここ最近は以前より男性のお客様が増えたそうですが、何か理由がおありなのでしょうか?

信孝氏ひと昔前と比べて、「質の高い睡眠」への関心が高まったのだと考えられます。それこそ私が店を継いだ40年前に遡ると、そもそも寝具選びは産まれてから一生涯、女性が担う傾向にあったように思います。お客様といえば、ほぼ女性でしたからね。ですが、今は男性がオーダーメイドピローやマットレスを求めて遠方からいらっしゃることも多い。当時では考えられないことですよ。

信介氏そうですね。男性も遠方からわざわざ来てくださるようになり、嬉しい限りです。睡眠に関するプロとして、今後もより幅広く、多くの方に「質の高い睡眠」をご提案していきたいですね。

現在、「わたきゅう」で特に力を入れられていることは何でしょうか?

信介氏どなたでも気軽にお立ち寄りいただける環境づくりにこだわっていて、いわば「眠りに関するコミュニティの場」になれたらと思います。手作りの枕をつくる子ども教室などのイベントを開催したり、「質の良い睡眠」を広めるために月に2回ラジオ番組に出演したり。また地域貢献活動として、地元のバスケットボールチームの新潟アルビレックスBBさんとサプライヤー契約をしています。選手たちのコンディションを睡眠からサポートできたらと考え、東京西川の「Air PORTABLE MOBILE MAT」を提供しています。実際、選手たちにも喜んでいただけているようで、私たちも非常に嬉しいですね。

仕事をするうえでこれまで大切にしてきたこと、いま心がけていることは何でしょうか?

信介氏ご購入の有無にかかわらず、どなたも気軽にお越しいただけたらと常に思っています。店内を覗いたら買わないと帰りづらいと恐縮なさる方もいらっしゃいますが、そんなことはないんです。そういうときこそ、お会いして、お互いの関係を築きたいんです。

信孝氏我々はこれまでずっと誠実さを大切にしてきていますので、今後もお客様と信頼し合える幸せな関係が築けたら何よりです。

信孝氏ちなみにうちに来てくださる方は本当に素敵なお客様ばかりで、いつもありがたく感じています。お客様から感謝のお手紙をいただくこともあり、とても励みになりますね。

信介氏応援してくださっている地域の方々のためにも、これからもお客様のニーズに合わせて、ご納得いただけるような睡眠のコンサルティングを続けて行きたいと思います。

眠りの専門店わたきゅう

  • 住所 〒959-0235
    新潟県燕市吉田旭町4-2-17
  • 電話番号 0256-92-5637
  • 営業時間 9:30~19:00
    (定休日 水曜)

詳細はこちら

あなたの街にも
眠りを支えるプロがいる

近所の
西川チェーンの店を探す