睡眠TOPICS

睡眠に関するトピックスを掲載。
「良い睡眠」のために役立つ情報が満載です。

「良い睡眠」の秘密

良い睡眠によるメリット~健康編~

  • 睡眠時間
  • 健康
  • 成長ホルモン
イメージ

睡眠が健康にもたらす様々な影響

十分な睡眠をとることによって、様々な健康に対する効果が期待される。質の良い睡眠は、身体を守り、健康を維持する。質の良い睡眠をとるには絶対的に必要な睡眠時間を確保することが重要だが、成人では最低でも7時間ほど必要とされている。このことは、脳卒中やがんによる死亡率からも明らかである。睡眠のサイクルは、1.5時間が1サイクルとなっている。様々な研究結果から、睡眠時間を5サイクル、つまり7時間確保している人が最も死亡率が低い結果となっているのである。最低でも4サイクル、すなわち6時間は睡眠をとるべきである。質の良い睡眠によって、健康に長生きすることができているのである。睡眠には、他にも様々な病気と関係性がある。

イメージ

「高血圧症は全身の動脈硬化を促進し、様々な臓器に障害を与える。脳なら脳卒中を、心臓なら心筋梗塞や狭心症を、腎臓なら腎不全を引き起こしかねない状態になる。 」(週刊ダイヤモンド 2017/7/1 第25号より) 7~8時間未満の睡眠の人を基準にすると、 6~7時間未満の睡眠の人はそれらのリスクが高い傾向にあり、6時間未満の睡眠の人はさらに高いリスクを背負うこととなる。睡眠をとることでこうしたリスクが軽減されるのは、コルチゾールの低下や善玉コレステロールによる血管年齢の改善によるものである。

睡眠と肥満にも関係性がある。「『睡眠時間を削って活動している(カロリー消費)のになぜ?』と疑問に思うかもしれないが、不眠は肥満の原因にもなる。」(同上書より)睡眠時間が少ないほど、肥満の傾向にあるという実験結果が出ている。これには、グレリンとレプチンというホルモンが関係している。睡眠によってこれらのホルモンの分泌が崩れることで、肥満を引き起こすのである。

イメージ

また、糖尿病にも睡眠が影響している。「血糖値が高い状態が続くのが糖尿病だが、血糖値を下げるホルモンであるインスリンの分泌や働きが低下することが背景にある。睡眠不足だとこのインスリンの働きが悪くなることが分かっている。既に糖尿病を患っている人が睡眠不足になると、糖尿病のコントロールに悪影響を及ぼす。」 (同上書より)

さらに、認知症のリスクも報告されている。神経年齢の老化が関係している。これには、質の良い睡眠をとることでメラトニン、成長ホルモンの分泌の増加させ、神経年齢の改善をすることで発症のリスクを下げることができる。

これらの症状は、睡眠をとることでリスクを軽減することができる。睡眠によって寿命を永遠に延ばすことはできないが、質の良い睡眠を心がけることによって様々な病気を防ぎ、老化を防ぐことはできるのである。

出典:週刊ダイヤモンド 2017/7/1 第25号「放置したら命に関わる「睡眠負債」の重大リスク」p.42-43/株式会社ダイヤモンド社

最新の研究結果研究結果

産・官・学各界の研究者と推進している共同研究の成果をご紹介します。

筑波大学・国際統合睡眠医科学研究機構長 柳沢正史教授

東京西川の4層特殊立体構造マットレスが及ぼす睡眠への影響を脳波解析で科学的に検証

筑波大学・国際統合睡眠医科学研究機構長
柳沢正史教授との共同研究

もっと見る

同志社大学・アンチエイジングリサーチセンター 米井嘉一教授

東京西川の4層特殊立体構造マットレス使用による睡眠のアンチエイジング等の効果を科学的に検証

同志社大学・アンチエイジングリサーチセンター
米井嘉一教授との共同研究①

もっと見る

同志社大学・アンチエイジングリサーチセンター 米井嘉一教授

東京西川の4層特殊立体構造マットレス使用により、睡眠の質改善と、糖尿病予防につながることを示唆

同志社大学・アンチエイジングリサーチセンター
米井嘉一教授との共同研究②

もっと見る

TVCM

共同研究の成果を動画で公開中!

詳しくはこちら

研究を活かした東京西川のとりくみ研究を活かした東京西川のとりくみ

日本睡眠科学研究所の研究成果は東京西川の睡眠コンサルティングにも活用されています。

ねむりの相談所

睡眠コンサルティングサービス

ねむりの相談所

一人ひとりに合った睡眠を提案するコンサルティングサービスです。独自の資格を取得したねむりのプロ「スリープマスター」が、個々の状態に合わせたアドバイスをきめ細かく行います。

詳しくはこちら

睡眠環境サポートルーム

未来型の寝室環境を提案

睡眠環境サポートルーム

日本睡眠科学研究所の監修による寝具・眠りの知見と、パナソニックのトータルソリューションによって、寝具だけでなく温度・湿度、照明、音響、香りなどの寝室全体の睡眠環境をコーディネイトします。

詳しくはこちら

「睡眠の質が改善する」マットレスの開発

「起床時眠気」「入眠と睡眠持続」「疲労回復」の主観評価が
有意に改善することが科学的に証明されました。

&Free

眠りをかえよう。
明日をかえよう。

詳しくはこちら

AiR

僕らの眠りは、
点が支えている。

詳しくはこちら

totoptotop