ー日本人の睡眠を大調査!ー  2018年 睡眠白書ー日本人の睡眠を大調査!ー  2018年 睡眠白書

全国の18~79歳の男女を対象に睡眠に対する意識・満足度を調査しました。国が進める「働き方改革」の中でも睡眠の重要性は取り上げられ、2017年度流行語大賞では第3位に「睡眠負債」がランクインするまでに。社会の睡眠に対する関心は高まっています。全国の18~79歳の男女を対象に睡眠に対する意識・満足度を調査しました。国が進める「働き方改革」の中でも睡眠の重要性は取り上げられ、2017年度流行語大賞では第3位に「睡眠負債」がランクインするまでに。社会の睡眠に対する関心は高まっています。

1万人の睡眠事情を調査した「西川睡眠白書2018」全文はこちら

不眠大国日本!?約半数が不眠症の疑い不眠大国日本!?約半数が不眠症の疑い

世界共通の不眠判定方法「アテネ不眠尺度」の質問に則り、1万人に調査したところ、 全体の49.3%の人が 「不眠症の疑いあり」との結果に。年代別に見てみると、20代が最も不眠症の疑いが高く、全体の約6割が不眠症の疑いがあると出ています。 また、続く30代、40代、50代も高い割合を示しており、一方60代を過ぎると一気に不眠症の疑いが低くなり、60代・70代の差はほぼない結果となりました。

【不眠の理由は睡眠時間だけではない?】【不眠の理由は睡眠時間だけではない?】

不眠症の疑いがある人とない人で、睡眠時間がわずか30分しか変わらないという事実が分かりました。これは、睡眠に不満を持つ人に対して、睡眠時間を増やすこと以外にも対策すべきことがある、ということを表しているのかもしれません。

睡眠の質を悪くする要因は「肉体的な疲労」よりも「精神的な疲労」睡眠の質を悪くする要因は「肉体的な疲労」よりも「精神的な疲労」

「心身ともに疲れた一日」「精神的に疲れた一日」「肉体的に疲れた一日」「標準的な一日」「心身ともにゆったりした一日」それぞれで睡眠の質に関する満足度を聴取しました。その結果、「肉体的に疲れた一日」の睡眠満足度が53.9%だったのに対して、「精神的に疲れた一日」では38.8%に留まりました。

満足している 満足していない満足している 満足していない
【心身をリラックスしてから“入眠”を】【心身をリラックスしてから“入眠”を】

睡眠にはメンタルバランスを整える働きもありますが、睡眠の質が低下するとイライラや不安・落ち込みやすくなるなど、さらに精神的な疲労を受けやすく悪循環に。そうならないためにもまずは眠る前に心身をリラックスさせて質の良い睡眠をとることが大切です。

眠りを阻害する悩みは「将来の不安」次いで「健康」「金銭」眠りを阻害する悩みは「将来の不安」次いで「健康」「金銭」

悩み事が原因で眠りにつくことが難しかった時の「悩みの種類」について聞いたところ、「将来に関する悩み」(23.9%)がトップに。次いで「健康に関する悩み」(18.2%)、「金銭面での悩み」(18.1%)となりました。

【男女で悩みの違いも】【男女で悩みの違いも】

性別・年代別に見てみると男性は仕事に関連した悩みが多く、女性は生活・家族のことなど男性に比べて悩みの種類が多い傾向がありました。女性の方が出産や育児、待機児童の問題、仕事との両立、人間関係など眠りを阻害するほどの悩みを抱えやすいと思われます。

1万人の睡眠事情を調査した「西川睡眠白書2018」全文はこちら

最新の研究結果研究結果

産・官・学各界の研究者と推進している共同研究の成果をご紹介します。

筑波大学・国際統合睡眠医科学研究機構長 柳沢正史教授

西川の4層特殊立体構造マットレスが及ぼす睡眠への影響を脳波解析で科学的に検証

筑波大学・国際統合睡眠医科学研究機構長
柳沢正史教授との共同研究

もっと見る

同志社大学 アンチエイジングリサーチセンター 米井嘉一教授

西川の4層特殊立体構造マットレス使用による睡眠のアンチエイジング等の効果を科学的に検証

同志社大学・アンチエイジングリサーチセンター
米井嘉一教授との共同研究①

もっと見る

同志社大学・アンチエイジングリサーチセンター 米井嘉一教授

西川の4層特殊立体構造マットレス使用により、睡眠の質改善と、糖尿病予防につながることを示唆

同志社大学・アンチエイジングリサーチセンター
米井嘉一教授との共同研究②

もっと見る

研究を活かした西川のとりくみ研究を活かした西川のとりくみ

日本睡眠科学研究所の研究成果は西川の睡眠コンサルティングにも活用されています。

ねむりの相談所

睡眠コンサルティングサービス

ねむりの相談所

一人ひとりに合った睡眠を提案するコンサルティングサービスです。独自の資格を取得したねむりのプロ「スリープマスター」が、個々の状態に合わせたアドバイスをきめ細かく行います。

詳しくはこちら

睡眠環境サポートルーム

未来型の寝室環境を提案

睡眠環境サポートルーム

日本睡眠科学研究所の監修による寝具・眠りの知見と、パナソニックのトータルソリューションによって、寝具だけでなく温度・湿度、照明、音響、香りなどの寝室全体の睡眠環境をコーディネイトします。

詳しくはこちら

「睡眠の質が改善する」マットレスの開発

「起床時眠気」「入眠と睡眠持続」「疲労回復」の主観評価が
有意に改善することが科学的に証明されました。

&Free

眠りをかえよう。
明日をかえよう。

詳しくはこちら

AiR

僕らの眠りは、
点が支えている。

詳しくはこちら

日本睡眠科学研究所
staff

所長

野々村 琢人

常任顧問

三輪 恵美子(実践女子大学生活環境学科 講師)

顧問

勝浦 哲夫(千葉大学 名誉教授)

橋本 修左(武蔵野大学 名誉教授)

柳沢 正史(筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構 機構長 教授)

櫻井 武(筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構 副機構長 教授)

totoptotop