2020年04月10日 カテゴリ:眠り

おうち時間を豊かにする眠りのポイント12選

loading
おうち時間を豊かにする眠りのポイント12選
おうち時間を快適にするためには、日々の眠りはとっても重要ですよね。いつもとは違う生活にペースを乱されていたり、寝過ぎてしまっていたり、眠りでお悩みの人へおうち時間を充実させる睡眠のポイントをご紹介します!
 

運動不足は睡眠の敵!カラダを動かして快眠を


 
足元からポカポカ!寝る前の1分簡単ストレッチ
 
おうちにいると、つい運動不足になりがち。運動不足や足の冷えで寝つきが悪いという人には、血流を良くするこのストレッチがおすすめです。入浴後、寝る前の1分で簡単にでき、自律神経を整える効果もあるんだとか!

▶︎詳しくはコチラ
 
自ずと快眠もついてくる!寝違えと腰の痛みに効くセルフ整体

運動不足だと寝違えてしまうことも。そんなときはセルフ整体でカラダをメンテナンスしましょう。寝違えや痛みに効くとともに、リラックス効果もあるので自ずと良く眠れるようになりますよ!

▶︎詳しくはコチラ
 
心を落ち着かせる「丹田呼吸法」
 
ストレッチや整体術に必要不可欠なのが深呼吸。一緒に行うと効果的な呼吸法を紹介します。これは布団の中に入ってからもできるので、心がザワついて眠れないときにもおすすめ。

▶︎詳しくはコチラ
 

食事や飲み物でも快眠を!摂って良いもの悪いもの



 
昼寝前のドリンクはコーヒーがおすすめ
 
「眠れなくなる」というイメージのコーヒーは、意外なことに昼寝のおともにぴったり!カフェインの効果が現れるのは、20〜30分後。つまり昼寝の直前にコーヒーを飲めば、昼寝に最適な15〜20分後に自然と目が覚めやすくなるんです。昼食後の眠気は必然なので、思い切って昼寝するのもリモートワークで効率良く働くコツかもしれません。

▶︎詳しくはコチラ
 
過度な飲酒は睡眠にとっても禁物!アルコールと睡眠の関係
 
「寝酒」と称して夜にアルコールを嗜む方も多いのでは?しかし過度なアルコール摂取は、カラダにとっても睡眠にとってもNG!アルコールで酔ったカラダは一見眠りやすく感じるかもしれませんが、快眠は期待できません。過度な飲酒は控え、適量でリラックスしてくださいね。

▶︎詳しくはコチラ
 
リラックスして快眠!おうちで楽しむホットワインのすすめ
 
アルコールを飛ばしたホットワインは、カラダも心も温めリラックスさせてくれる一品。心地良い香りと温度でリラックス効果を高めましょう。電子レンジで簡単にできるので、チャレンジしやすいですよ!

▶︎詳しくはコチラ
 
忙しい人必見!10分でできる簡単スープでぐっすり眠ろう
 
せっかくのおうち時間。料理が苦手な人でもチャレンジしやすいスープを作ってみるのはいかがでしょうか?快眠に必要な栄養素を持つ食材で作れる簡単レシピを、スープ作家の有賀薫さんが教えてくれました!食事は眠る2〜3時間前までに終わらせておくのが理想的。どうしても眠る直前になってしまう場合は、消化の良い食材を選んでくださいね。

▶︎詳しくはコチラ
 

食事や飲み物でも快眠を!摂って良いもの悪いもの



 
よく眠るコツは、“昼間のドキドキ”!
 
快眠のためには、日中の過ごし方も大切。昼間にきちんと「覚醒」していることが、夜の深い眠りを呼ぶのです。覚醒のためにおすすめなのが、“心を揺さぶられる”こと。アクション映画を見たり恋愛小説を読んだり…自分らしいドキドキする方法を探してみてください♪

▶︎詳しくはコチラ
 
ぬるめのお風呂タイムが快眠への道

 “入眠儀式”としておすすめなのが、眠る1時間前にぬるめのお風呂に入ること。38〜40℃の湯にじっくり15〜20分浸かると、血流が良くなりストンと気持ち良く眠りに誘ってくれます。熱々の湯はカラダを緊張させ眠りから遠ざかってしまうので注意!

▶︎詳しくはコチラ
 
眠れないあなたに…ぐっすり眠れるアロマ講座
 
不安なことがあったり心がザワついたりして眠れない人には、アロマをおすすめします。たとえば「クロモジ」の香りは、質の良い睡眠に役立つことが科学的にも証明されています。組み合わせ次第で相乗効果があるので、効能を確認してオリジナルブレンドのスプレーを作るのも楽しいですよ♪

▶︎詳しくはコチラ
 

おうちでできる寝具のお手入れ




 
清潔な枕で快眠ゲット!自宅でできる枕のお手入れ方法とは?
 
時間があるときにしておきたいのが、普段忘れがちな枕のお手入れ。顔や髪が直接触れる枕は、意外と汚れているもの。水洗いOKなものは洗濯し、水洗いNGのものは汚れを拭き取るなどしてお手入れしてください。また、干すのは重要なポイント!月に1回ほどはお手入れしてあげると、良い状態が保てますよ。

▶︎詳しくはコチラ
 
寝具も衣替え!?布団屋さんの収納術を紹介!

そろそろ寒かった季節も終わり、寝具を“衣替え”する人も多いのでは?羽毛布団の収納で圧縮袋を利用されている人も多いと思いますが、湿気の逃げ場がなくカビの原因になってしまうので、実はあまりおすすめできません。ふわふわ感をキープしコンパクトな状態になるのは、三つ折り×三つ折りの畳み方!また、お掃除のたびに収納スペースを換気してあげることも重要ですよ。

▶︎詳しくはコチラ

 
***
 
いかがでしたか?楽しくおうち時間を過ごすためにも、あまり気負わずできることから取り入れてみてください。快眠ゲットでカラダも心も健やかに過ごしましょう!
 

この記事を見た人はこんな商品に興味を持っています

この記事を見た人はこんな商品に興味を持っています

最近見た商品

この記事に関連するキーワード

おうち時間を豊かにする眠りのポイント12選

この記事が気に入ったら
いいね!しよう