FAQ

商品の選び方について

ベッドパッドはどんなふうに選べばいいですか。

ベッドパッドはベッド用マットレスを保護し、体から出る汗を吸う機能をもつもので 主な素材として「ポリエステルわた」「コットン(綿)わた」「ウールわた」の3タイプあります。ポリエステルわたが優れているのは合繊素材特有の洗濯後に乾きやすい点です。コットン(綿)わたが優れているのは天然素材を使用しており肌にやさしいなどの点です。また、羊の毛を使用しているウールわたは放散性に優れているのが特長です。

お仕事などでなかなか洗濯の機会がとれない場合でも、素材の力で湿度を放出します。頻繁に洗濯できる方には「ポリエステルわた」、天然素材にこだわりがある方には、「コットン(綿)わた」、洗濯できる機会が少なく、羊毛独自の暖かさも求める場合、「ウールわた」をお奨めします。

季節に合わせたふとんの組み合わせについて教えてください。
  • あくまで目安ですが、季節に応じて以下のような組み合わせでお使いいただけます。
  • 春、秋・・・羽毛掛けふとん+綿毛布
  • 夏・・・綿毛布またはタオルケット
  • 冬・・・羽毛掛けふとん+毛布

※室温に合わせて調整してください。

新生児の寝具はどのように選べばいいですか。

生まれたばかりの赤ちゃんの睡眠時間は一日に16~20時間です。一日のほとんどをふとんの中で過ごす赤ちゃんにとって、寝具は眠るためだけではなく、自然な成長を促す一番身近で大切な環境です。汗っかきの赤ちゃんが快適に過ごすために、寝具はしっかり選びましょう。

ベビーふとんは大人が使っているふとんのミニサイズではありません。大人が使うふとんよりも固めに作られています。これは、身体が沈むのを防ぎ骨格の正常な発達を促すため、また万が一うつぶせ寝になった時でも窒息しないようにするためです。大きさは一般的なベビーベッドに合わせて作られており、ベビーベッドを使用しない場合でも、赤ちゃんが寝るときの必須アイテムです。

どんなまくらを選んだら良いの?
敷き寝具の固さによりまくらの高さは影響を受けます。出来るだけご自宅で高さ調節ができるタイプのまくらを選ぶことをお勧めします。また横向き寝をする際には肩幅の高さがあるため仰向け寝より高さが必要になります。まくらの両サイドが高めになっている等、横向き寝をしても高さが保てるタイプのまくらを選ぶことをお勧めします。
こどもは何歳からまくらをする必要があるの?
背骨のカーブがほぼ完成する10才くらいを目安にまくらを使い始めると良いでしょう。

ページのトップへ戻る

ご不明点がありましたら、こちらまでお問い合わせ下さい。