FAQ

お手入れについて

羽毛掛けふとんはどのようにしまっておいたら良いですか?
良く乾燥させてから、通気性の良いもの(綿シーツなど)に包んでしまってください。時々は出して干してください。
ウールパッドを水洗いしたら、大きく縮んだ。
ウール素材は、水洗いが出来ません。(ウォッシャブルタイプは洗えるものもあります。)家庭用洗濯機のドライコースでも出来ません。洗濯はドライクリーニングにしてください。
綿カバーを乾燥機で乾燥させたら大きく縮んだ。
家庭用乾燥機(電気やガス)で乾燥させますと、綿素材は大きく縮むことがあります。全自動の洗濯機(乾燥まで行うコースがある機種)の場合はご注意ください。
ドライクリーニング表示の製品を洗濯機のドライコース洗いしても大丈夫ですか?
ドライクリーニングとは、水を使わない洗浄方法です。 家庭用の洗濯機のドライコースは水を使用しますので、品質に著しい変化が生じる恐れがあります。お控えください。
羽毛ふとんの取扱方法と消臭方法について教えてください。

羽毛ふとんを小さく折りたたみ、空気をよく押し出してください。このように羽毛ふとんの中の空気を入れ替えてから3~4時間、風通しの良いところに干してください。

羽毛にはその種類にかかわらず特有のにおいがあります。製造工程で洗浄、殺菌を行っておりますが、臭気を完全に消すことは困難です。この臭いとは油脂分の多さが原因と考えられていますが、油脂分を完全に除去してしまうと羽毛の寿命が短くなってしまいます。一般的に高温多湿下では臭いが強くなり、嫌悪感が感じ易くなると考えます。

側生地、羽毛に対して、においを防ぐ加工剤の添加等も考えられますが、弊社では側生地の選択、羽毛の洗浄の管理とともに使用者へ天然素材の理解を得ることが適当と考えております。

■取り扱い方法
干し方
天日干し、または風通しの良い日陰に両面を干してください。午前10時から午後3時頃までに片面1時間くらい天気の良い乾燥した日に、月1~2回程度干してください。 側生地の傷みや汚れを防ぐために、シーツやカバーでおおって干してください。

洗い方
部分的に側生地が汚れたら中性洗剤でつまみ洗いし、十分乾燥させてください。 クリーニングするときはクリーニング店に相談してください。

収納と保管の仕方
湿気の少ない場所に保管してください。しばらく使わないときは、一度日に干してからカバーやシーツをはずし、湿気の少ない場所に保管してください。ダニやカビを防ぐため、使わない間でもふとんはときどき日に干し、押入れも乾燥させてください。 ふとんの上に重いものを置かない様にしてください。

■その他の注意点
どんな小さな穴でも羽毛が飛び出しますので、針や安全ピンを側生地に刺さないでください。 側生地の傷みや汚れを防ぐため、シーツやカバーを掛けて使用してください。 縫い目などから羽毛が出てくることがありますが、少量の場合は使用上の問題はありません。

ふとん・マットレスのお手入れ方法について教えてください。

マットレスが一カ所だけへたってしまうのを防ぐため「表裏・上下」を回転させて使用できる商品もあります。また、天気のよい日には、マットレスを起こして風を通すようにしましょう。かびの発生を防ぐことができます。ふとんは敷きふとん、掛ふとんともに、天気のよい日の日中に天日のもとで1時間ほど干します。湿気を取り除き、ふわふわな感触が戻り長持ちします。

■ふとん・マットレスのお手入れ方法

  1. 汚れのひどい時は、薄めた中性洗剤を浸した布で汚れをおとし、その後、水で浸した布で洗剤分をよく拭き取ってください。次に乾いた布で軽く拭いた後、自然乾燥させてください。
  2. 塗装面のホコリは柔らかい布又はハタキで軽く払ってください。
家庭用の洗濯機を使用したお洗濯の注意点。

家庭用の洗濯機を使用して衣類のお洗濯をする場合は、必ず商品の洗濯表示を確認してください。また、以下の点にご注意ください。

  • ■手洗い表示の製品を洗濯機で洗わないでください。
  • ■ドライ表示の製品を水洗いすると形がくずれる場合があります。お控えください。
  • ■洗濯機のドライコース、手洗いコース等で、洗濯表示「ドライクリーニング」「手洗い」の製品がすべて洗えるわけではありません。
家庭で洗濯しないほうが良い繊維(衣料品)について。

家庭での洗濯をお勧めできない繊維は、以下のとおりです。 これらの繊維が使用されている商品については、クリーニング店での洗濯をお勧めいたします。

  • ●テンセル
    理由:アイロン掛けがむずかしいため
  • ●レーヨン・キュプラ
    理由:水で縮む場合があるため
  • ●シルク
    理由:毛羽立ちやすいため
綿四重ガーゼ素材のお手入れ方法 について教えてください。

「綿四重ガーゼ」とは、軽く柔らかく吸収性にすぐれたガーゼを、四重織にした素材です。四重組織から作られる空気の層がふっくらとした風合いを生み出します。

  • ・約40度のぬるま湯で弱洗いをしてください。また、淡色製品には蛍光剤入りの洗剤は使用しないでください。色あせの原因になります。
  • ・タンブラー乾燥機を使用しないでください。素材の特性上、ご使用、洗濯により毛羽立ち、毛羽脱落が生じます。洗濯の際はクズ取りネットを使用して、他のものと別に洗濯してください。
  • ・濃色製品は摩擦により色移りすることがあります。色移りした場合は早めに洗濯してください。
  • ・洗濯後は日陰に吊るし干しをしてください。日向に干すと日焼けをしてしまう場合がございます。
  • ・アイロンをかける際は、あて布をして高温でご利用ください。
カシミヤ素材のお手入れ方法 について教えてください

良質なカシミヤほど繊維が繊細でデリケートです。毛玉もできやすくなりますので、日々のお手入れが大切になります。

  • ・ 一日着たら一日休ませるなどして、繊維にも休息を与えてください。
  • ・ 長時間着つづけると型崩れの原因になります。なるべく長時間の着用は避けてください。
  • ・ 着用後は風通しのいい所で陰干しをしてください。陰干しの際、長時間吊るすと型崩れの原因になりますので、できるだけ平干しにしてください。
  • ・ 湿気や急激な湿度の変化で、収縮したり風合いが変化することがあります。取り扱いには細心の注意を払ってください。
  • ・ 保管の際は、風通しの良い場所にたたんで保管してください。ハンガーなどに吊るすと型崩れの原因となります。
  • ・ 虫食いを防ぐために、食べこぼしや汚れはクリーニングに出し、防虫剤をいれて保管してください。
  • ・ クリーニングに出しすぎると風合いを損ねる恐れがあります。なるべく汚さないようにお気をつけください。
羽毛ふとんはふとん圧縮袋を使用しても平気ですか?
ふくらみの戻りが悪くなることがございますので、おすすめできません。
羽毛ふとんを干す時は叩いた方が良いのですか?
詰め物の羽毛がちぎれてしまうことががあるますので、おすすめできません。
綿カバーを乾燥機で乾燥させたら大きく縮んだ。
家庭用乾燥機(電気やガス)で乾燥させますと、綿素材は大きく縮むことがあります。全自動の洗濯機(乾燥まで行うコースがある機種)の場合はご注意ください。
おふとん(掛け・敷き・まくら)はいつ買い換えたらいいの?
使用環境・状況・商品の素材等によっても異なりますが、一般的な目安として掛けふとん10年前後、敷きふとん5年前後、まくらは3年前後と言われております。
タオルについた嫌な臭いを取る方法は?
生地が傷んでしまうのであまりお勧めできませんが、熱湯で浸け置きをしてタオルに残っている雑菌を除去すると、臭いが緩和されます。
タオルを長く使うコツは?
タオルを長く使っていただくためには、化学薬品を含まない洗剤でお洗濯されることをお勧めします。これによって繊維が傷みにくくなります。
ムアツふとん、整圧敷きふとん、健圧敷きふとんの側地は洗えるか。
洗えません。側地をはずして洗うと、縮んでしまい、再度ウレタンフォームを入れるのが困難ですので、お避け下さい。
エアー、エアー[SI]の側地は洗えるか。
洗濯ネットに入れて、ドライコースや手洗いコースなど弱水流でお洗濯してください。乾燥機は使えません。ウレタンフォームを出し入れする際は、ウレタンフォームが裂けないよう、ご注意ください。
エアーを使用していたらウレタンフォームの凹部分に亀裂が入った。
エアーは、固さの違うウレタンフォームを貼りあわせているため、使用中の荷重により亀裂が入ることがありますが素材の特性上やむを得ないものです。
ムアツふとん(整圧敷きふとん、健圧敷きふとん、エアー、エアー[SI])を使用していたら、カビが発生した。
使用中にムアツふとんに含まれた湿気は、寝ている面から下面に移行し、裏面と床の間で結露を起こすとカビが発生しやすくなります。起床後は、敷いたままにせず、壁などに立てかけて、風通しをして裏面を積極的に乾燥するようにすると、効果的です。
敷きふとんのクリーニングはできるか。
弊社ではクリーニングのお承りはしておりません。ふとん丸洗いのクリーニング店にご相談、ご依頼ください。なお、吸湿センサー付きの敷きふとんなど一部特殊品は丸洗いできない場合があります。
ウレタンフォームは洗えるか。
ご家庭ではお洗濯いただけませんので、お洗濯の際はふとん丸洗いクリーニング店にご依頼ください。また、ウレタンフォームだけですと裂けてしまうことがありますので、側地をつけたままの状態でクリーニングしてください。
カビが発生した場合はどうすればよいのか。
消毒用のアルコールを別の布に含ませ、カビの部分を軽く拭いた後に、充分乾燥してください。
まくらってどのくらいの頻度で洗濯すればいいの?
まくらカバーを掛けて使用していて、まくら内部に汗が染み込む事が無ければ、まくら本体は定期的に干すだけでも問題はありません。夏場や、何かの状況で汗を多くかきまくら内部に汗が染み込んでしまったと感じたり、臭いが気になる場合に洗ってください。※洗えない素材もありますので、必ず洗濯表示を確認し、洗える場合にも注意事項を守って洗ってください。

ページのトップへ戻る

ご不明点がありましたら、こちらまでお問い合わせ下さい。