睡眠TOPICS

睡眠に関するトピックスを掲載。
「良い睡眠」のために役立つ情報が満載です。

「良い睡眠」の秘密

良い睡眠の条件

  • 睡眠サイクル
  • 寝室環境
  • 寝具

睡眠と食事

炭水化物、脂肪、タンパク質の配分について考える必要がある。目安としては、カロリーベースで炭水化物:脂肪:タンパク質=6:2:2とするのが理想的である。現代人は、炭水化物が多く、タンパク質が少ない傾向にある人が多い。これは中高年以上に顕著である。炭水化物を摂りすぎると成長ホルモンの分泌を抑制してしまう。成長ホルモンの分泌を促進させるためにはタンパク質を適量摂る必要がある。消化に時間がかかる肉類と、魚や豆、卵といった比較的消化の良いタンパク質を上手に組み合わせて摂るのが良い。また、寝る直前の食事はできるだけ避け、2~3時間前には済ませるようにする。忙しい社会人は、それが難しいようであれば、食事を2度に分けるのが良い。夕方に軽食を摂り、21時すぎにヨーグルトやチーズ、バナナなどの消化の良い物を食べる。そうすることで、睡眠に悪影響を与えずに済む。深夜に帰宅した場合は何も食べないほうが良いが、ホットミルクやハーブティーなどの温かい飲み物であれば空腹感をやわらげ、安眠することが出来る。

出典:いい寝!ねむコラム「寝る前の食事にはご注意」(東京西川)

睡眠と運動

運動により一時的に体温を上げ、徐々に体温が下がるタイミングで眠りにつくと寝入りがスムーズになる。激しい運動は交感神経を刺激してしまうため、眠る直前ではなく、就寝の2時間ほど前に適度な運動を行うことが一番効果的である。また、睡眠前に行う手足を優しく温めるストレッチなども効果がある。これは、人は眠りに入るとき、手足から放熱し深部体温が下がるためである。

出典:いい寝!ねむコラム「お手軽快眠体操」(東京西川)

寝室環境

光・音・香り・温度や湿度などの寝室の環境を整える。まず、光については、光を浴びると脳は活性化され、体内時計にも影響する。そのため入眠の際には遮光カーテンや雨戸などを利用し、光を遮断する必要がある。暗い環境で眠ることはメラトニンの分泌も促進する。音については、寝る前に音楽を聴くのはいいが、寝ている間はできるだけ静かな環境が理想である。人の声が一番睡眠を阻害するためテレビやラジオをつけたまま眠るのは良くない。香りについては、ラベンダーやカモミールなどの香りによってリラックス出来るとスムーズな入眠が可能になる。温度については夏場は約25℃~26℃、冬場約22℃~23℃、湿度については50%~60%が理想的である。

寝具

寝返り・発汗・体温低下などの、睡眠中の生理的変化を妨げない寝具を選ぶことが重要である。ふとんは、保温性・吸湿性・放湿性に優れたものを選ぶ。さらに掛けふとんはかさ高性・軽さ・フィット性を、敷きふとんは硬さ・クッション性を留意する。寝床内気象と呼ばれるふとんの中の温度や湿度は、快適とされる温度33±1℃、湿度を50±5%に保つために、季節や室温に応じてふとんの種類や素材の組み合わせを変える必要がある。また、まくら選びも重要である。ゆるやかなS字の首筋の隙間を埋めることのできるものが良い。自分に適したまくらを選ぶことで、睡眠時無呼吸のリスクを軽減できる。

出典:「In Life vol.7」(東京西川)

最新の研究結果研究結果

産・官・学各界の研究者と推進している共同研究の成果をご紹介します。

筑波大学・国際統合睡眠医科学研究機構長 柳沢正史教授

東京西川の4層特殊立体構造マットレスが及ぼす睡眠への影響を脳波解析で科学的に検証

筑波大学・国際統合睡眠医科学研究機構長
柳沢正史教授との共同研究

もっと見る

同志社大学・アンチエイジングリサーチセンター 米井嘉一教授

東京西川の4層特殊立体構造マットレス使用による睡眠のアンチエイジング等の効果を科学的に検証

同志社大学・アンチエイジングリサーチセンター
米井嘉一教授との共同研究①

もっと見る

同志社大学・アンチエイジングリサーチセンター 米井嘉一教授

東京西川の4層特殊立体構造マットレス使用により、睡眠の質改善と、糖尿病予防につながることを示唆

同志社大学・アンチエイジングリサーチセンター
米井嘉一教授との共同研究②

もっと見る

研究を活かした東京西川のとりくみ研究を活かした東京西川のとりくみ

日本睡眠科学研究所の研究成果は東京西川の睡眠コンサルティングにも活用されています。

ねむりの相談所

睡眠コンサルティングサービス

ねむりの相談所

一人ひとりに合った睡眠を提案するコンサルティングサービスです。独自の資格を取得したねむりのプロ「スリープマスター」が、個々の状態に合わせたアドバイスをきめ細かく行います。

詳しくはこちら

睡眠環境サポートルーム

未来型の寝室環境を提案

睡眠環境サポートルーム

日本睡眠科学研究所の監修による寝具・眠りの知見と、パナソニックのトータルソリューションによって、寝具だけでなく温度・湿度、照明、音響、香りなどの寝室全体の睡眠環境をコーディネイトします。

詳しくはこちら

「睡眠の質が改善する」マットレスの開発

「起床時眠気」「入眠と睡眠持続」「疲労回復」の主観評価が
有意に改善することが科学的に証明されました。

&Free

眠りをかえよう。
明日をかえよう。

詳しくはこちら

AiR

僕らの眠りは、
点が支えている。

詳しくはこちら

totoptotop